Q&A

建設業許可の新規取得でのQ&Aです

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

自社で施工する建売用住宅の建築には建設業の許可は不要なの?

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

はい、不要です
建設業許可が必要な業務とは、建設工事の完成を請け負うことなのでこの場合建設
   工事にはあたりません
   許可が不要な『例』として
   ・設備や機器の保守点検業務
   ・建設機械や土砂などの運搬業務
   ・建設現場への労働者の派遣… などです

 

 

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

許可がなくてもできる「軽微な建設工事」って?

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

以下が「軽微な建設工事」となります

建築一式工事 次の@かAのいずれかに該当する工事

  @1件の請負代金が1500万円未満の工事(税込み)
  A延べ面積150u未満木造住宅工事

上記以外 1件の請負代金が500万円未満の工事(税込み)

 

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

『一式工事』の許可とはどういうものですか?

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

『一式工事』には「土木一式工事」と「建築一式工事」の2つがあります
『一式工事』とは、原則として元請業者の立場で「総合的な企画、下請業者等への
 指導、調整のもとに土木・建築工事を施工するための業種」です
 ですので『一式工事』の許可を受けた建設業者でも500万円以上の専門工事を請け負う
 場合にはその専門工事業の許可が必要になります

 

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

一度許可をとれば、ずっと建設業は続けられるのですか?

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

許可には有効期間があります
許可の有効期限は5年なので、満了する日前30日までに更新の手続きが必要です

 

 

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

「一般・知事」で2つの業種の許可を、新規で同時に取ろうとする場合、手数料も2つ分の金額になりますか?

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

手数料の金額は業種の数ではないので新規に2業種同時に申請しても9万円です
知事許可であっても一般と特定の両方なら区分が違うので18万円になります

 

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

建設業許可の申請書類を提出する場所はどこですか?

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

知事許可と大臣許可で提出先が異なります
(例として千葉県内に主たる営業所がある場合)
千葉県知事許可の場合→主たる営業所の所在地を管轄する土木事務所総務課になります
大 臣 許 可の場合→県土整備部建設・不動産業課になります

 

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

『経営業務管理責任者』と『専任技術者』は兼務することができますか?

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

はい、同一営業所内では一人で『経営業務管理責任者』と『専任技術者』を兼務することができます
また複数の業種の『専任技術者』の要件を満たしている方は、同一営業所の複数の業種の『専任技術者』となることもできます

 

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

父親(個人事業主)が亡くなりました
息子である私が引き続き許可を使えますか?

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

個人事業主が死亡した場合、相続人から廃業届を出さなければいけないので許可を引き継ぐことはできません
法人が許可をとった場合、代表者が亡くなっても許可は、法人が取得したものなので引き続き許可を使うことはできます
代々建設業を営むことをお考えなら『法人化』を考えておかれてもいいと思います

 

 

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所  トップページ

 

 

面倒な書類の収集・申請書作成・申請代理はお任せ!

 

建設業許可,千葉,稲毛,安心,丁寧,女性,行政書士いそがい行政書士事務所

 

営業時間 平日9:00-18:00
(事前にご連絡いただければ時間外も対応できます)


トップページ 新規取得 取得後の届出 新規以外の申請 お申込みからの流れ 報酬額・手数料 事務所概要