千葉|「相続なんでも相談」 いそがい行政書士事務所

質問7・事例7(遺産分割協議の仕方が分からない)

事例6 遺産分割協議の仕方が分からない

 

ご相談者は、60代の男性(Aさん)です。

 

この前、私の弟が亡くなりました。
弟は生涯独身で子供もいません。両親もすでに亡くなっているので、私達兄弟が相続人です。
私達と言いましたが、兄弟は弟を含めて5人です。その内1人が私で、1人が弟、あと3人は妹です。
妹たちはみんな遠くに嫁ぎ、1人はあまり体調がよくなく現在入院しています。

 

ちなみに遺言書はなかったので、どのぐらいの財産があるのかは調べました。
この後、どのようにしていくのがよいのでしょうか。

 

 お話しの通り、相続人は弟様のご兄弟4人でした。『遺言書』はなく、財産の調査も終わっているので、『遺産分割協議』をしてその通りに分ければいいのです。誰に、何を、どのくらい、に分けるかですよね。

 

遺産の分け方には,主に次の3つの方法があります。
遺産そのものを分ける「現物分割」
誰かが遺産を取得し,その遺産の価額が,その遺産を取得した人の取得額
を上回っている場合にはそれを代償金として支払う「代償分割」
遺産を第三者に売却(競売)して売却代金を分配する「換価分割」

 

とはいえ、財産が金銭だけなら兄弟の数を頭割りすればよいのですが、不動産や株式、洋服など「価値」がはっきりしないものもあります。もし、『遺産分割協議』がうまく進まない場合は、家庭裁判所に『遺産分割調停』を申立てることもできます。これは、裁判官や調停員をいれてですが、あくまでも相続人同士が話し合って決めるのです。話し合いがまとまらなければ『審判』の手続きに移ります。最初から『審判』の申立てもできます。
ただ、『調停』も『審判』も裁判所を入れるというだけで、将来兄弟の仲が良い関係ではなくなるのが目に見えているので、できることなら相続人同士だけでの『協議』で終わらせてしまいたいものです。

 

『協議』と言いましても、一同が揃って話し合いをする必要はありません。

 

(「裁判所」HPの遺産分割手続案内を参考にしました)

 

 

 

まず負債はないとのことです。ちなみに負債があった場合に、1人の相続人がその返済を引き受けたとしても、債権者がそのことについて承諾しない限り、債権者には対抗できません(対抗できない、とは具体的に、債務を引き受けなかった相続人が、債権者から返済を請求された場合に、「この相続人が債務を引き受けたので、私は返済しません」とは言えないということです)

いそがい行政書士事務所
営業日時:月〜金曜日 09:00〜18:00 
(土日祝日も対応できますので、事前にご連絡下さい)
page top