千葉|「相続なんでも相談事務所」、いそがい行政書士事務所

『生前準備』

 

「私に何かあった時はどうしよう…」

 

 

このような不安やご心配はありませんか。

 

 

『一人暮らしで何かあったら…』

 

『施設に入りたいけど保証人がいない』 

 

『認知症になったら誰か気づいてくれるかな…』 

 

『自分がいなくなった後の手続きを誰にお願いしよう』

 

『大事なこの子たちをかわいそうなことにしたくない』 

 

 

 

「見守り」に伴う「緊急連絡先」や、「委任契約」による「お金の管理」「施設選び〜入所の際の身元引受人」、お亡くなりになった後の「ご葬儀の手配」役所などの手続きは、

 


 

私たちがお手伝いいたします!

 

 

一人暮らしの場合、ご自分に何かあった時に気づいてくれる人がいないのでは、という不安は少なからずお持ちだと思います。また、ご夫婦二人で…

≫詳細ページ(見守り契約)

今は何でもご自分でできても、年齢とともに面倒になったり、できなくなってくるものがでてきます。また「施設を探したい、介護が必要になってきた…

当然のことですが、ご自分が亡くなった後の手続きはご自分では出来ません。「住んでいたところは、どうなるのだろう…」「知り合いに連絡だけして欲…

≫詳細ページ(死後事務委任契約

 

おひとり様はもちろん、「遺言を書いたほうがいい」という方がおられます。ご自分では気づかないこともあります。こちらのページをご覧下さい。

≫詳細ページ(遺言書作成)

今は、少子化・核家族化がすすみ、例えば、兄弟が亡くなってしまった場合に、一緒に住んでいないご兄弟が相続手続きをする場合もあります。

≫詳細ページ(相続手続き)

 

昔から○○家の墓として長男がお墓を守る、ということもだんだんなくなりつつあります。核家族化がすすみ、お墓も一緒に入る人が核化して…

≫≫詳細ページ(墓じまい)

 

 

電話でのお問い合わせはコチラ → 043-306-8939 


(具体的な『ご相談』は、初回面談にお伺い致します)

 

生前準備記事一覧

一人暮らしの場合、ご自分に何かあった時に、「気づいてくれる人がいないのでは…』、という不安は、少なからずお持ちだと思います。又、ご夫婦二人で生活していれば安心、というわけでもありません。配偶者に介護が必要になった、認知症になってしまった、そのような時に、ご自分に何かあったら共倒れになってしまう恐れもあります。「緊急連絡先」となる人がいない…という方もいらっしゃいます。ご提案『(一社)千葉楽生会』に...

今は何でもご自分でできても、年齢とともに面倒になったり、できなくなってくるものがでてきます。また、「そろそろ施設の入所を考えようかな」と思った時に、施設からは、身元保証人を求められます。そのようなご心配がある方はコチラです。通帳の入出金の管理や施設などへの支払い、又は、銀行から毎月生活費を下ろしてご自宅へ持参するなど、財産に関する事務や入院や施設への入所が必要な時にはその手続きなどの身上監護に関す...

『墓じまい』をお考えの方「○○家の墓」を長男が守る、ということもだんだんなくなりつつあります。核家族化がすすみ、お墓も一緒に入る人が核化して、せっかく購入したお墓も結局ご夫婦だけだった…ということもあります。また、今まで自分が墓守りをしていたけど、次に引き継ぐ者がいない…、お墓が遠くてお参りに行くのが大変というお話も聞きます。「お墓」自体を否定するつもりはありません。私自身墓参りに行くと、早くに亡...


page top